長続きする手軽で簡単おいしい青汁

うちの父は天ぷら、私はお肉が好きなので、メタボや成人病予防にも何かいいことはないかと探してました。

 

野菜が健康にいいのはわかっていますが、たくさんとっているかといえば、微妙な量かと思います。父も大腸がんなどを患ったこともあり、似たような体質の私も気を付けて予防する方法をと気にするようになりました。

 

 

ミキサー

よく、テレビなどで宣伝されてる青汁をみるのですが、自宅で簡単にできて新鮮な青汁をと思い、いろいろ考えヨモギとブロッコリー小松菜、レモン汁などにはちみつまたは黒蜜、を加えて、時にはヨーグルトなどをミックスして創ってみました。

 

するとそんなに苦くなくて飲めます。長続きするのが第一なので、飽きないように、時々、トマト、パイナップル、リンゴ、を少し混ぜて気分を変えます。

 

完全青汁とはなりませんが、飲みにくい青汁を効果的に摂っていくには、良い気がします。

 

また、ときどき抹茶などを冷たい水に溶いたものも青汁としてそのまま、あるいは野菜と合わせたりして健康と美しい肌になるために努力しています。この結果で便秘もなくなり、肌のきめが細かくなってきたようにも思います。

 

ついたくさん買い込んでしまうビタミンやサプリも時々消費期限が近くなると一緒に掘り込んでミキサーにかけます。

 

お手軽節約健康青汁として私の家の健康青汁の作り方です。